キャッシングに関する法律の意味するところ

キャッシングに関する法律の意味するところ

金利は、キャッシング融資を受けた場合にほぼ必ずつくものです。

金利に関する法律の意味は、どうなっているでしょう。

金利は幾らにしてもいいわけではなく、出資法という法律で、最大何%までを金利にできるかが明示されています。

29.2%以上の金利を設定すると、出資法違反ということになります。

100万円を一年借りた場合、29万2000円の利息がつくことが、29.2%という数字の実際のところです。

ただし、現在では、利息制限法の基準内で利息を決めることが優先されており、この法律が守られているようです。

金利はいくらまでならいいかは、利息制限法では借りたお金や期間によっても違います。

最大15%が、利息制限法で定められている金利の上限幅です。

一年の間100万円を借り続けると、利子が15万円つきます。

かつて言われていたグレーゾーン金利とは、出資法の制限内でありながら、利息制限法は違犯しているという、どっちつかずの金利です。

利息制限基準法に反しているけれど、出資法はまもられていることが、かつてはありました。

グレーゾーン金利の問題を廃するため、2010年6月から段階的にグ出資法の上限金利が引きあげられました。

法律が見直されたことは何を意味するのでょう。

まずは、今までは違反行為でなかったことでも、出資法の変更により違法になったものがあります。

金利とは何かを知った上でキャッシングを行えば、お金を借りる意味も自ずとわかります。