カードローンとキャッシングの返済について

カードローンとキャッシングの返済について

キャッシングもカードローンも、借りたお金は返さなければなりません。

借入金額が高額になりやすいのがカードローンの特徴です。

返済は、毎月の返済日と返済金額を借入時に決めておき、毎月一定金額の返済を繰り返していきます。

一人につきいくらまでの借り入れが行われるかは、カードローンの審査をした時に決まることになっています。

カードの利用上限とは利用限度額は違うものです。

リボルビング法式で、月々幾らの返済を行うかを決定しているところが少なくありません。

残高スライドリボルビング方式という支払い方法が、カードローンでは行われることが多いようです。

残りの返済金額が幾ら残っているかによって、リボルビング払いの金額が変わるのが、残高スライド方式です。

返済を続けて残りの金額が少なくなれば、毎月の返済金額が少なくなっていくわけです。

元金均等方式、元利均等方式という返済の仕組みが、リボルビング払いの他には挙げられます。

どんな条件で返済を行うかは、キャッシングの方が希望が通りやすいといいます。

キャッシングの弱点は、大口の融資ができるところが少ないことです。

キャッシングの方が利用限度額が少ないため、カードローンと比べると審査を通過しやすいと言われています。